物件価格に応じた手数料

販売価格の1800万を例にすると、1800万円X3%と6万円を加算します。すると合計は60万円となるのです。この6万円という金額は何処から出て来たのかになるのですが、この6万円という金額は、先ほどの200万円以下の部分は5%、200万円を超えて400万円以下の部分は4%、400万円以上は3%という正規計算式の中のパーセンテージの差額というものをそれぞれ金額に直し、合計した額となるのです。200万円以下では5%ですので、400万円以上の3%との差額は4万円。200万円を超えて400万円以下では4%ですので、400万円以上の3%の差額は2万円。更に、400万円以上では3%ですので、400万円以上の3%の差額は0円。これらを合計すると6万円となるのです。また、不動産手数料は、これらの金額に消費税となる5%を加算したものとなるのです。(200万円X5%)-(400万円X3%)=10万ー12

仲介手数料を知ろう

この仲介手数料は一般的には、物件の売買契約が終了し、住宅もしくは土地の引き渡しが終わった時点で支払うことになります。最近では物件の購入を検討している客に対して、「仲介手数料無料」、「仲介手数料半額」などという広告を用いて集客している仲介会社を目にします。

Copyright ©All rights reserved.不動産仲介手数料のからくり.