不動産仲介手数料のからくり

仲介手数料とは言ってみれば不動産会社の儲けです。大家さんからの仲介手数料と借主からの仲介手数料が不動産会社の収入源となるわけです。ネットや街中で仲介手数料無料とか半額といったキャンペーンが行われていたり目立つのぼりが店舗前に立っていたりしますよね。あのからくりは少しでも空き室を減らしたい売主(または大家さん)が買主(または借主)のぶんも仲介手数料を支払っていることにより成り立っています。また不動産会社の戦略として莫大な費用のかかる広告宣伝費や人件費を削減して仲介手数料半額を実現させているケースもあります。いずれにしましても仲介手数料の請求は売買契約または賃貸契約成立後に債権が発生しますのでそれより早い段階で請求してくる不動産会社には気をつけたほうがよいでしょう。

物件情報を見ていますと仲介手数料無料なんて不動産もあるようですね。仲介手数料のことを媒介報酬手数料と言ったりもするそうです。国土交通省告示第100号・宅地建物取引業法・第二定義では契約時に仲介手数料が発生するそうで2014年11月現在では3%+6万円+消費税で計算すると5000万円の売買価格にかかる仲介手数料は168万4800円になります。これは主婦のパート年収より多いくらいです。消費税も10%になろうとしているいまこの仲介手数料は軽視できないものがありますね。

不動産手数料は、一般的に取引料の2%と言われています。2%といっても、不動産という大きな取引金額になるので、その料金も少なくとも何百万円となることが多いと思います。その仲介手数料を、見直すことは大きなメリットであるといえます。そうした流れから最近では、オークションで家を個人が直接取引することも見受けられるようです。 不動産を購入すると不動産仲介手数料というものを支払う事になります。この不動産仲介手数料は、不動産会社が得る利益となりますので、ゼロとなる事はまずありません。この不動産仲介手数料というものは、宅地建物取引業者の報酬となるもので、国土交通省が定めた法律により下記のように定められているのです。200万円以下の部分は、5%200万円を超えて400万円以下の部分は、4%400万円を超える部分は、3%となります。これは正規計算式となります。例えば、販売価格が1800万円だった場合200万円以下の部分 200万円X5%=10万円200万円以上400万円以下の部分 200万円X4%=8万円400万円以上の部分 1400万円X3%=42万円これらを合計すると60万円となります。これらは、正規の計算式になるのですが、速算法と呼ばれる計算式ですともっと早く計算を行う事ができるのです。それは、販売価格の3%と6万円を加算する計算方法です。

不動産の仲介手数料とは

先日、念願かなってマイホームを購入したのですが、その際に仲介手数料というものをかなり支払いました。物件の情報としては媒介と記載されていたのですが、仲介と意味合い的には変わらないそうで、たんまり取られてしまいました。これが無ければ家具や家電などを揃えるのに大きな足しになったのに~と思ってしまう貧乏性な一般家庭なのですが、まあしょうがないですよね。 住宅、土地を始めとする不動産を購入・売却をする際に、一般の人であれば、不動産会社に依頼するでしょう。ここでいう不動産会社は、いわゆる不動産「仲介」会社のことです。つまり土地・住宅等を「売りたい人」と「買いたい人」を結びつける仲介役を担う会社です。その仲介会社は常日頃より、「売りたい人」と「買いたい人」の情報を得るために全精力を注いでいます。なぜなら、仲介を成功させた暁には仲介会社は、それぞれ、「売主」と「買主」両方、もしくはそのどちらかにより「仲介手数料」という名目により報酬を得られるからです。そしてこの仲介手数料こそが、不動産仲介会社にとっての生命線です。ではこの手数料はいくら払うのでしょうか。こちらに関しては物件価格によって段階的に分かれています。対象である物件価格が200万円迄であれば、物件価格×5%、200万円を超えて400万円までのときは、物件価格×4%+2万円、物件価格が400万円を超えるときは、物件価格×3%+6万円の仲介手数料を上限として仲介会社に支払います。

仲介手数料無料 大阪 2236

Copyright ©All rights reserved.不動産仲介手数料のからくり.